2011年02月02日

『1/6900000000の君へ。JOTAROより』

今日は「Pieceful」発売日。
ボクらにとってすごく大切な日。
こんな大切な日だから、
手紙を書きました。




今日、2月2日
FUNKISTのニューアルバム「Pieceful」が発売したよ。


その中に入ってる

「1/6900000000」

はあの乙武さんが作詞をしてくれたんだ。

「詞曲は自分達で!」
というのにこだわっていたFUNKISTにとっては大きなチャレンジでもあったけれど、ずっとFUNKISTを応援してくれている、自分達の大切な仲間、乙武さんだから作詞をお願いしたいと思ったし、全員が楽しんで前向きに出来たんだと思ってる。


「1/6900000000」

ぜひ、君に聴いてもらいたいんだ。



あの頃は、学校生活でもうまく行かなかったりで最後の方は学校行けなかったり。

自分が居場所だと信じたかった場所に、長い間、ずーーっと必要とされなかったり。

だーーーーれも、自分なんかに興味がないって諦めてた君に聴いてみてほしい。


もしかしたら、最初は受け入れづらいかもしれない、でも、オレの事を信じて何度も聴いて、歌詞を聴いて、音を聴いて、ベースを聴いてみてほしい。


少しでも、ほんの少しでも好きになってくれたなら、前を向いてくれたなら。


一歩踏み出してみて欲しい。
君のやり方でいいから。
ゆっくりでいいから。


最初は辛くても、君が勇気を出して歩き出した事は絶対にどこかで誰かが見てくれているから。


絶対に絶対に誰が見ててくれて、肯定してくれるから。


そしたら、また勇気を出してその人を受け止めてみて。


君の世界、色んな事が眩しく輝きだすから。

きっと他の人の事も見えてくる。
目の前の人の事も、君が肯定してあげられるようになる。

オレはそうだった。
ひとりぼっちだと思ってたけど、心配してくれる人、応援してくれる人、支えてくれる人がいたよ。

ちっぽけな自分が思ってたよりも沢山の人がいてくれてた。


この曲にはそんな想いが詰まってるんだ。



だから、今はこの手紙を信じてもう一回聴いてみて。
「1/6900000000」を。


絶対誰かと心から笑える時がくるから。


funkist0213 at 22:45│Comments(3)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 薩摩ッ子   2011年02月03日 00:13
5 優しいJOTARO氏の
暖かい言葉が
胸にしみます。


信じることからはじめて
信じると決めた自分を
好きになって応援して…
そうして
段々周りにも集まってくるよね

はー、泣きすぎちゃった


大好きなFUNKISTを
今夜
ちょっぴり遠くに感じてしまったけど

はっきり分かったよ

FUNKIST愛してる


2. Posted by みずき   2011年02月03日 19:57
曲、聴きました
あの1曲にたくさんの愛が
つまっているんだろうなって
感じました*

そしてJOTAROさんの言葉を見たらいとおしくなって
何回もじっくり聴きたくなりました

じっくり聴いて
いろんな思いのつまった
ベースの音色、探します(^-^)
3. Posted by ☆あゆ☆   2011年02月03日 20:34
今日、職場にCD持って行ってスタッフと
聴きました
初めてFUNKISTを聴いた人が泣いてましたよ~…
「なんか…心にくるねぇ」って

ベース、どの曲でも探して聴いてますよ~(笑)
「青いそよ風」が大好きで、仕事で行き詰った時
ずっとリピートして聴いてます♪

この前はドライブ中、5時間かけっぱなし
でした(笑)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字